YOSUとは、新時代のクラッシック投資ファンドである。新しいお金の為。新しい経済の為
YOSUのマニフェスト
我々の顧客のために利益を得ることを可能とする三つの主な原理:
1. 日本的に投資を行う。
ファンドは、我々の顧客が利益を得るように、リスクを最低限にさせ、長期的な戦略を中心に活動している。
YOSUは、短期的な利益のために顧客のお金を危険にさらすことはない。リスクを最低限にし長期的な利益のため、戦略的かつ安全な手順しか利用しない。
2. 透明で安全。
YOSUは、法律を尊敬し法的な範囲でしか活動しない。
ファンドのすべての取引は、最大限透明であり、顧客に対してはオープンになっている。YOSUは、信頼されていることを誇りに思っており、信頼を行動でサポートしている。
3. 新しい経済を育成している。
YOSUは、現在テクノロジーとインフラに投資することにより、顧客が明日超利益を得ることができるように、ファンドが資産を創出することで、シナジーを達成している。
当社のエクスパートは将来を見据えるため、顧客の長期的な収益を達成するには、世界のブロックチェーンインフラと最大の成長のポテンシャルを持つテクノロジー会社へ投資する必要がある、ということが分かる。
日本的に投資を行う
日本で登録されている世界初の金融機関は、必要なの許可を取得し、クリプトカレンシーを扱う権利がある。
支払い手段としてのクリプトカレンシー
日本は、公式的にビットコインを支払い手段として認めている。
最大の クリプト市場
ビットコイン取引所の売買高の50%までは、日本が占めている。
国による保証
クリプトカレンシーの売買高の管理は FSAにより行われている。そのため、取引所と売買参加者の方からの不法市場操作の可能性がなくなる。
透明で安全
ファンドは、日本の現行の法律の枠組みの中で顧客の利益のために行動している。
法令遵守
日本において大きさで第5位となっている法律事務所であるTMI Associatesは、顧客の取引きの完全な法的支援を行い、投資の最大保護を確保する。
日本銀行の口座への安全な非現金決済
YOSUファンドは、投資ポートフォリオの先例のない保護を確保する SMBCKYCAML手続きを完了している。
監査と情報公開
年次独立監査は、(120か国において800以上のオフィスを持っているRSM internationalグループの中に入っている)RSM Seiwa Audit国際的な会社が行っている。
顧客資本の安全保障
日本の法律では、保護されているYOSUファンドの銀行口座に入った資金は、投資の目的でしか利用できない。
新経済を育成
顧客と共にYOSUは、世界のブロックチェーンインフラと世界のデジタル経済を発展させていく。
新しい技術への投資
リスクと収入のバランスが取れた投資ポートフォリオ。クリプトカレンシー、世界ブロックチェーンインフラプロジェクト、技術的なユニコーン企業
YOSUは、グローバル企業である。
全世界で活躍している。本社は日本にある。代理店はアメリカとロシアにある。ヨーロッパとアラブ諸国において、オフィスを作ることを予定している。
パーソナルアプローチ
紋切り型のシナリオや典型的なソリューションは一切ない。パーソナルアプローチしかない。パーソナル担当者と24/7体制のサポート。
YOSUと共に投資を開始
安全のクリプト投資への三つの簡単なステップ
01
第1ステップ。契約。
日本商法の第535条*により規制されている、双務協力契約の締結(匿名組合・匿名のパートナーシップ)。
02
ステップ2.資金送金。
投資家の口座からUSD / EURO / JPYを日本の銀行のYOSUの口座への銀行送金。
* 暗号化に投資する可能性があります
03
ステップ3.利益を得る。
毎年の報告、税金の支払い、投資家の日本銀行口座へのUSD / EURO / JPYでの利益取得
お問い合わせ
Карта сайта
Outline